僕の持っているJAZZアーティストを紹介します。
アーティストの日本語での名前の順、新しい作品順に並んでます。

タイトル僕の評価
備考

 

--押尾コータロー--

Dramatic
CDショップで流れていた「太陽のダンス」を聴いて、即買いしたこのCD。アコースティックギターが好きな人にオススメ。そうでなくても彼のテクニックには万人を引き込む魅力があり、損はしないでしょう。

 

--小曽根真--

OZ MEETS JAZZ 2
小曽根さんのJ-WAVEでの番組から出す2枚目のCD。J-WAVEで使われている気象情報、交通情報のBGMをはじめ、過去のCD収録曲のカバーなどが収録されています。ドライブにピッタリ♪

OZ MEETS JAZZ
小曽根さんのJ-WAVEでの番組1周年を記念して出されたコンピレーションCD。小曽根さんセレクトのJAZZ入門者にピッタリなアルバムとなってます。番組のテーマソング「DEAR OSCAR」も収録♪ラジオも必聴!!

TREASURE
落ち着いた曲からアップテンポな曲まで、ピアノの良さを余すところなくじっくりと味わえるアルバムです。

THE BEST
僕が初めて買った小曽根さんのCDです。とてもメロディアスな曲もあり、またハイテンポな曲もあり、何度でも楽しめる1枚となってます。どちらかというとドライブ向き☆

Wizard of Ozone
このCDの一番の特徴としては、やはり「We're All Alone」なくしては語れないだろう。小曽根真を知るきっかけとなるアサヒビール「黒生」のテレビコマーシャルで、見る者の心を夜景の見えるバーに誘い込んだのも、この曲の存在に他ならない。アフターナインのビールを片手にそっと添えればアダルトな時間を演出してくれるこの曲を、上質を知るシニアなあなたに・・・
なぁんつって、僕なりに紹介してみました(^^;あわせて「Home」も強くオススメします☆

Dear Oscar---THE TRIO
小曽根さん、北川潔さん(b)、クラレンス-ペン(d)のTHE TRIOのアルバム。ピアノとベースとドラムだけのシンプルな構成なので、初心者でも分かりやすくジャズを楽しめると思います。小曽根さんの早弾きにも注目!!

 

--Keith Jarrett--

The Melody At Night, With You
ピアノのみのメロディアスな曲のみです。派手な曲はありません。JAZZ上級者向け。
心からピアノを、心から音楽を愛する彼からあなたへ・・・

 

--国府弘子--

Piano Anniversary
落ち着いた曲が多いこのCD。その中でも「Starland」印象はとても強かったです。僕の中で展開の一つのモデルとされているかもしれません。他にも午後ののんびりした時間を過ごすのにピッタリな曲がいくつかあります。僕が買った物は、お店のキャンペーンか何かで小さなピアノ用のスコアが入っていたので、尚更大事な1枚となっております♪

piano letter
国府さんの曲の良さを存分に堪能できます。基本的にポップな曲が多いです。最後の曲「See You Soon」は僕の「さんぽ」や「「またあした」の雰囲気を上質にしたような曲です(^^;ピアノ遊びをしましょ♪

 

--寺井尚子--

anthem
最近テレビCMでも目にするようになった寺井さん。オリジナルの曲から「愛の賛歌」などのカバー曲もあり充実の1枚。情熱的なヴァイオリンを聴きたい人は必聴!!